My Photo
無料ブログはココログ

読み聞かせした本

March 29, 2005

3月28日(月)長岡市F小学校 再訪

長岡市のF小学校へ 図書室整理

【日時】2005年3月28日(月) 9:00~16:00
【参加者】6名 市川市司書、司書教諭、「おはなしの椅子」、総勢6名

【活動内容】
27日(日)  長岡入り(宿泊)
28日(月)9:00 図書室直行。簡単な作業内容の話し合いと方針検討。
          新刊本登録と装備、除籍候補本を書架からより出す。
          窓側にある書架の整理とラベル訂正作業に取り掛かる。
          絵本と、9類。
      午前中で絵本(日本。外国、昔話絵本)がほとんど完了。
      12:10~12:30 昼食をとりながら午後の作業の検討。
      12:40~16:00  9類のよみもののラベル訂正と、書架整理。

事前に作成して来た諸表示の掲示。分類の概念の定着化を願って。

katura【使った用具・持ち物】
日本十進分類法(本表) 図書ラベル全色 ラベルキーパー(500枚入り×2) ページヘルパー ブッカー ラベル透明シール マジック シールはがし 掲示用NDC表示いろいろ デジカメ エプロン

December 25, 2004

長岡市F小学校で読んだ本(11月30日)

11月30日の訪問で読み聞かせした本

tomodatiyaともだちや
著者:内田 麟太郎作 降矢 なな絵
税込価格: \1,050 (本体: \1,000) 出版:偕成社
サイズ:B5変形 / 31p ISBN:4-03-204890-8 発行年月:1998.1

.

じごくのそうべえ桂米朝・上方落語・地獄八景より (童心社の絵本 3)
著者: 田島 征彦作
税込価格: \1,470 (本体: \1,400) 出版:童心社
サイズ:26×26cm / 1冊 ISBN:   発行年月:1980

エパミナンダス (愛蔵版おはなしのろうそく 1)
著者: 東京子ども図書館編
税込価格: \1,575 (本体: \1,500) 出版:東京子ども図書館
サイズ:文庫 / 179p ISBN:4-88569-050-1 発行年月:1997.11

danngoだんご どっこいしょ (子どもがはじめてであう民話 1)
著者:大川 悦生作 長谷川 知子絵
税込価格: \1,050 (本体: \1,000) 出版:ポプラ社
サイズ:23×26cm / 35p ISBN    発行年月:1975

よかったねネッドくん 英文つき 改訂版
著者:レミー・シャーリップさく やぎた よしこやく
税込価格: \1,470 (本体: \1,400) 出版:偕成社
サイズ:B5判 / 41p ISBN:4-03-201430-2 発行年月:2003.7

December 14, 2004

12月14日(火)長岡市F小学校 再訪

ohanasi長岡市のF小学校へ 読み聞かせと図書室整理

【日時】2004年12月14日(火) 11:00~15:00
【参加者】3名 東京「おはなしの椅子」より

【活動内容】
11:00  校長先生に挨拶をしてすぐ図書室へ、書架整理開始。その間に図書室で短時間の打ち合わせ。
12:35~ ランチルームで食事中の全校生徒へ挨拶。
12:40~12:50 図書室で昼食
12:50~13:15 書架整理と標示作成
13:15~13:45 昼休み お話会  結局全校生徒66名参加してくれた。
13:45~14:00 清掃が入る中、書架整理
14:00~14:45 1~4年生 お話会  41名
14:45~15:05 見出しを差し込み、書架整理。
15:10 校長室にて挨拶。帰途に。

スヌークスさん一家と一緒にろうそくをふきけすのを真似したり、“かみのけ一本橋”の人食い鬼とモリーとのやりとりをまねたり。楽しくおはなしの世界に入ってくれていました。

hyouji【その他】
図書室の様子や、児童館との共有の図書室のあり方など前任者の高桑さんの報告と同じです。
図書室の入り口は「図書室」の表示と、「児童館」の表示があり、児童館の共同使用です。図書室にあるパソコン二台は、放課後、児童館の子どもたちのゲームとして、利用されていました。図書室準備室は児童館の職員が使用。書架整理とおはなし会をという依頼で行きました。整理が終わっているようだったら、標示をとも言われていましたが、状況把握から始まるわけで、書架整理に使える時間は一時間一寸しかないので、本がかなり入り交ざっており、時間内に終了しないと判断。標示を出すことを優先しながら、手作りの標示をおき、該当図書を集めておくにとどまりました。

(参加者の報告より)

★コメントを書き込めます。

November 30, 2004

11月30日(火)長岡市F小学校訪問

f-1長岡市F小学校へ、読み聞かせと図書室整理のボランティア

【日時】2004年11月30日(火) 11:00~16:00
【参加者】2名 市川市から学校司書

【活動内容】
11:00~12:40 挨拶ののち、書架整理開始
12:45~12:50 ランチルームの子どもたちへ挨拶、しおり・ポスターなど持参したものを披露
12:50~13:00 昼食
13:00~13:30 書架整理

おはなし会
13:30~14:00 昼休み 全校児童に向けておはなし会 約60名
14:00~14:45 1,2年生おはなし会 約20名
子どもたちといっしょに、とても楽しいひとときを。「だんご だんご だんご・・・」と歌いながら帰る子あり。

14:45~15:45 ひたすら書架整理 時間切れ。

【その他】
校舎全体が新しく瀟洒。全体の雰囲気はもう平常生活。しかし、体育館は床が陥没し、天井の梁もゆがんでいて、立ち入り禁止。子どもたちもいまだに地震の夢を見るという。

図書館は児童館を兼ねており、午後になると児童館のスタッフが到着し、放課後は児童館となる。カウンターには児童館スタッフが座っている。

本は、すべて本棚におさまっているが、配架はなんとなく教科で分けているという程度。新着図書コーナー等適宜適当にまとめてあるようだ。基準ナシ。これは震災で崩れたからというのではなく、もともと分類で配架するという意識がないためではないかと思われる。

依頼の図書室整理の意味は、こちらが捉えた「図書館としての整備」ではなく、単に整頓という意味だったのではないか。そもそも「学校図書館」として整備された図書館を使ったことがなければ「整理された図書館」をイメージできないのだから。

(参加者の報告より)