My Photo
無料ブログはココログ

読み聞かせした本

December 15, 2005

寄贈本の候補

新潟の学校に訪問し、読み聞かせやストーリーテーリングをしたり、図書室の復旧をお手伝いしてから1年がたとうとしています。現在、お寄せいただいた寄付金をまとめて、これらの学校に本を贈る準備をすすめています。各学校を訪問したメンバーが子どもたちに読もうと選んだ本を中心に、50冊程度のリストを作成しました。訪問先(寄贈先)6校のご意向を聞いて、何冊かの本は入れ替えを行いますが、基本的にはこのリストの本で入手可能なものを贈る予定です。

また、図書館メーカーから寄せていただいた装備品の残り(ブッカー、ラベル等)も、合わせて6校にお送りします。

本のリスト.xls

December 15, 2004

12月20日(月)の予定

小千谷市G小学校へ2回目の読み聞かせ

12月20日(月)
19日(日)に川口町H小学校の図書館復旧作業に参加してくれた後、2名の「お話スペシャリスト」が長岡市に宿泊し、翌20日小千谷市G小学校へ2回目の読み聞かせへ行ってくれる。
さらに、新潟で学校図書館の経験が長い方もひとり、G小学校へ駆けつけてくれる。

この新潟の方は,県下の学校図書館関係者にネットワークを持ち、今後、sl-shockと協力・連携して、他の小学校での読み聞かせやストーリーテーリングに仲間を募って参加してくれるそうだ。

東京から何度も新潟へ行くことは難しい。雪が降ればなおさら。
それでも学校図書館への支援は、息長く続けていく必要があるので、こういった地元の方々との連携をすすめていくことは大切だ。私たちは後方支援に切り替えていくこともできる。

年内のボランティア活動は,とりあえずこの20日でひとくぎり。

December 09, 2004

12月19日(日)の下見

13日、川口町H小学校へ下見に行きました

12月19日(日)に総勢26名が乗ったボランティアバスが東京からH小学校へ向かう。ここの図書館は、震災後は診療所として使われ、散乱した本がとりあえず別室に押し込まれた状態だったらしい。このたび、仮設住宅も整いはじめ、図書室ももとの役割を取り戻しつつあるということで、復旧のお手伝いに行く。

13日は、とりあえず一度現地に行き、図書室の様子と本の並び方を見学、先生方と打ち合わせをする予定。

新しい本を寄贈し、展示も工夫して、冬のあいだの子どもたちの居場所として活用されるようにしたい。そのためには、単に本を買って持っていくだけではダメで、分類がどうなっているかとか、装備(カバーやラベル)はどうか、など図書館員の目でチェックすることが必要。きちんと蔵書として使われるようにしたい。

12月9日(木)の計画

長岡市E小学校へ2回目の訪問予定
松任市から4名の司書が読み聞かせに行く。

小千谷市G小学校へはじめての訪問予定
松任市から6名の図書館員や教員が読み聞かせや紙芝居など。
小千谷へは初めての派遣。この小学校は、校舎が使えなくなっていて別の学校に間借り中とのこと。図書室の復旧作業はもちろんできないが、読み聞かせや紙芝居などで楽しんでもらう予定。

今回は2校とも、石川県の松任市から車で駆けつけてもらう。
紙芝居や科学遊びの「セミプロ」もいらして心強い限り。できれば一緒に行って様子を伺いたいと思うが、なかなか現地へ行く時間がとれず残念。でも豪華メンバーなので安心してお任せ。