【Book Review】ウィーンのカフェ本

池田愛美『最新版ウィーンの優雅なカフェ&お菓子-ヨーロッパ伝統菓子の源流』(2016年)が届きました。2012年に発行された同タイトルの最新版。

定番カフェやケーキの紹介,ウィーン菓子の歴史はもとより,レシピ,スウィーツと朝食がおいしいホテル,製菓道具と製菓材料のお店ガイドなど,かなり読みごたえあり。

ちょっと興味をそそられたのが,Schloss Schönbrunnシェーンブルン宮殿で見られるというApfelstrudelshowアップフェルシュトゥルーデルの実演。見学とカフェでのケーキ試食がセットで10€。母が見たいと言うかも。

BookCafeで本を見つける

日曜日の朝,六本木ヒルズのTsutayaに寄ってブックハンティング。

来年の夏に計画している東ヨーロッパの予習,去年行ったシンガポールの復習本をチェック。3冊は図書館で借りる,1冊は一緒に旅行する母の予習用に(あとで)購入することにして,すべてBooklogにバーコードを記録。

  • 横山佳美『新しいチェコ・古いチェコ 愛しのプラハへ』(2015年)
  • 見市知『ベルリン―東ドイツをたどる旅』(2009年)
  • 池田愛美『最新版 ウィーンの優雅なカフェ&お菓子』(2016年)
  • 高城剛『NEXTRAVELER(ネクストラベラー) vol.06シンガポール』(2016年)
  • Tsutaya_ro

    英語の個人レッスン

    バンクーバーへの旅の目的の一つが,英語を勉強すること。とはいえ,1週間という単位で語学学校に通うのはなかなか難しく,プライベートレッスンは費用が高め。いろいろ調べてみると,現地には,自宅やカフェで英語を教えている個人チューターがたくさんいることが分かりました。

    さっそく掲示板をいくつか探し,英語の個人レッスンをしている先生を検索。

    Lesson & Tutoring Vancouver, Canada

    授業の様子や人柄が分かるようなサイトを立ち上げている先生に絞って何人か候補を挙げ,メールを送ってやり取りした上で,安心できそうな人をチョイス。2人の女性の先生から,午前に2時間,夜に2時間,5日間のレッスンを受けることに。

    ちなみに,費用はお二人とも25CAD/h。つまり1回50ドルで5日間なので,250ドル。

    最初に会うまではドッキドキだったけれど,二人とも素敵な人で,短期間にも関わらず,テーマを絞って熱心に指導してくれました。特に,Kameyo先生は,私がSchool Librarianで,夏に国際会議で発表する…と伝えたら,事前に公共図書館へ行き,図書館員にぴったりのテキストはないか相談してくれたとのこと。感激!

    その,Kameyo先生とは,ホテルのリビングを借りて。
    Dsc00266

    もう一人の,Debbie先生とはご自宅でレッスン。Stanlay Parkに面した高層マンションで,テラスからの眺めは最高。
    Img_6129  Img_6127  Dsc00259

    カナダの旅の本

    旅先を決めたら,まず図書館に行って本を借ります。とりあえず,バンクーバーのキーワードで出てきた本を3冊。訪問したい場所やレストランの名前をチェック。
    • 桐島洋子『バンクーバーに恋をする』(2010年)
    • 松浦弥太郎『居ごこちのよい旅』(2016年)
    • 香川貴志『バンクーバーはなぜ世界一住みやすい都市なのか』(2010年)

    アパートメントタイプの宿

    バンクーバーでは,キッチン付きのアパートメントタイプのホテルをチョイス。Carmana Plazaは市街中心部に近く,目の前にUrban Fareというスーパーマーケットもあって便利なうえ,シングルベッドが二つなので寝るのもラク。

    Carmana_3  Carmana_map_3

    六花亭の図書館

    今回は,開館日に時間が取れず,訪問を断念した図書館。7,800冊の食に関する本がそろっていて,珈琲を飲みながらのんびり読めるらしい。次回は必ず行きたいなぁ。

    〒005-0012 札幌市南区真駒内上町3丁目1-3
    TEL&FAX:011-588-6666
    開館:10:00~17:00
    休館日:日曜・月曜(4~11月),日曜・月曜・火曜(12~3月)

    シンガポールの美味しい本

    シンガポールといえば,チキンライス…だけではさびしいので,予習。この2冊は,図書館で借りるのではなく,購入しました。

    • 丹保美紀『シンガポール絶品!ローカルごはん』(2015年)
    • かとうみさお『ハッピー・シンガポール』(2014年)
    • フィガロ ヴォヤージュ Vol.30 タイとシンガポールへ(2013年11月)